忍者ブログ
庭を覗いてみると
8月29日のブログに、ツマグロヒョウモンの幼虫とサナギのことを記したが、今朝はカップルが合いを楽しんでいるような光景に出会った。

 

恋の季節は済んだと思うのだが。

そこへ久しぶりにオニヤンマが

 

二ヶ月前のオニヤンマとはずいぶん体色が変化してきた(下の写真と比較)



すると窓にはカミキリが張り付いている。



障子を開けて反対側から写すと



そこへ今度はクマバチが



多分、昆虫たちは冬の準備をしているのでしょう。

野遊人

拍手[0回]

PR

2016/10/01 09:29 | Comments(0) | 自然
栗クリくりツーリング
女性だけのライダースクラブ、東海レディースライダースクラブ、毎年恒例の〝栗クリくりツーリング″に行ってきた。

女性だけと言っても、アクシデントに備え、若干名の男性もいて、ボクもその一人。

まずは開店同時の〝銀の森″でアップルパイを購入。

銀の森のサイトは、http://www.ginnomori.jp/



そうそう断っておこなければならないことが、この日ボクともう一人がバイクで参戦、他は車で登場。

というのは、天気予報では12時からの降水確率が50%におののいた人は4輪、ボクは雨雲の動きを天気予報で確認して、これなら降られないと確信してバイクで参戦。



ここでかき氷を食べるレディも、ボクも食べたかったが次があるからパス。



次は最近開店した、栗きんとんで有名な〝川上屋恵那店″どうです、このこみ込み具合。



ボクが注文したのは、洋菓子のモンブランに乗せてある栗のそうめんみたいなやつ+アイスぜんざい。

ほどよい甘さなので十分完食できる。

一度味わうべきだね。

昼食は〝くるまや″の蕎麦。超満員。



そして、やはり同じく栗きんとんで有名な〝すや″

ボクは栗きんとんと栗羊羹を購入。

そしてまたもや〝川上屋″へ。

ボクはここでは購入しなかったが、女性陣は〝爆買い″



これが私のお土産。アップルパイとガトー・・・だったかな?カタカナに弱いもので。

岡崎ICで降りた女性陣は、さらにかき氷を食べたとか、信じられないパワー。

これだけ女性がたくましければ日本は安泰?

野遊人

拍手[1回]


2016/09/05 20:45 | Comments(0) | ツーリング
蛇峠山へプチーツーリング
愛車スーパーシェルパで蛇峠山へ

 

ちょっと分かりにくいが、治部坂峠から入る。
 


正確には蛇峠山の手前にある「馬の背」までバイクや車で行くことができるが、山頂までは1.3km歩かねばならない。

 

「馬の背」の展望台は標高1,457m。
 
   
 
正面には何度か登った標高1,907mの大川入山。

 

山道はよく整備されていて、こちらを歩いてもよいが、工事用車両の林道を歩くこともできる。



蛇峠山のシンボルの鉄塔群。



雨量レーダー計、アンテナから発射した電波は、雨に当たり反射波としてかえってき、その強弱で雨量を測定する。

 

中央アルプスと南アルプスがきれいに望められる。



青空の下、オレンジのクルマユリが映える。

 
 
 お腹が空いたので昼食を。治部坂峠を少し北上したところにある「おにひら」で、3人前のざる蕎麦「おにひら」をいただく。

ここの蕎麦は本当に美味しい。食べたことがない方は一度ご賞味あれ。



休憩に道の駅「アグリステーションなぐら」に寄ると、荷物満載の、仙台ナンバーのグラストラッカーが入ってきた。

ヘルメットを取ると、なんと可愛い女の子、「日本一周ですか」と尋ねるとそうだ言う。

時間が足らなくなり関東を回ることができなかった、今夜は浜松の滝沢キャンプ場に泊まる予定という。

行動力が羨ましい。

野遊人
 

拍手[1回]


2016/09/02 17:50 | Comments(0) | ツーリング
だから冤罪が生まれるのか
起訴された刑事事件は、日本では99%有罪になっていて、諸外国と比較して非常に高い。

これには相当数の冤罪が含まれているとみるのが妥当であり、事実、足利事件、布川事件、松山事件など、再審によって無罪が確定した事件からも伺える。

では何故冤罪が生まれるのか、今読んでいる「検事失格」(市川寛著)に衝撃的なことが書かれている。



原文(青字)のまま紹介する。

司法修習生の時、事実認定をどのように行うかについての教育だった。

午前10時にある店で商品が盗まれ、その日の夕方ごろ、その店から近いところで、盗品を持っていた人が警察官に窃盗罪の犯人として逮捕され、そのまま起訴されというものだった。

ただ、被告人は「警察官に見つかる少し前、捕まった場所で、友人から商品を転売してくれと言われて受け取った」と話している。

僕は迷わず「目撃者もいない。窃盗の自白もない。この被告人は確かに怪しいが自白もないのにこれだけの証拠で窃盗罪なんてとんでもない」と考えて、窃盗罪は成立しないと起案した。

ところが実務上の〝正解″は、これで窃盗罪になる。

窃盗の被害にあってから近い時間に、しかも被害のあった場所からも近い場所で、盗品を持っていた事実が認められるからには、その被告人の言い分がよほど納得のいくものでない限り、窃盗罪が認められるというのがこれまで積み上げられてきた裁判例なのだ。

友人を事情聴取し、友人と被告人の言い分に食い違いが生じて初めて窃盗罪になるのではないか。

イヤ、それでも友人がウソを言っていることも考えられるので、確たる証拠がない限り窃盗罪に問えないと考えるべきではないか。

こんな教育をしていては、多くの冤罪が生まれるわけだと、納得せざるをえない。

野遊人

拍手[0回]


2016/08/30 16:53 | Comments(0) | 雑記
毎日庭を覗いていると
やくみつる氏が、ポケモンGOを批判し炎上しているそうな。

やく氏は、バーチャルな世界に没頭するのではなく、垣根の中の動植物など、現実世界に目を向けるべきではないかと批判している。


ボクも同感である。
 
上記のブログを掲載し、運よくオニヤンマを見つけてからは、毎日のように庭の中を目を凝らしてみていると、今日はこんな発見があった。



蛾?蝶?の幼虫が、ザッと見ただけで30匹以上いる。



 

幼虫がそんないいるものだから、無残にもパンダスミレの葉は食いつくされている。

before 左、after 右

カミさんが緑のカーテンにと植えたニガウリの棚には、この幼虫のサナギがぶら下がっている。



下の黒いものはこれからサナギになり、上はサナギになったもの。



今度は成虫に変身(脱皮)するところを見たい。

いつも庭で舞っているツマグロヒョウモンと思う。
 
野遊人

拍手[0回]


2016/08/29 16:22 | Comments(0) | 自然

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]