忍者ブログ
高齢者にはなりたくない

80歳の高齢者が運転する車が、一旦停止を見落としてボクのバイクとぶつかったのは昨年12月15日のこと。

最近、高齢者が陥る注意力の散漫、運動能力の鈍さを目撃したので紹介しましょう。

1のケース

1ヶ月ほど前、交差点手前が2車線から3車線になる交差点の中央のレーンで停止していると、カツンカツンと車に当たる音がして、右側に車が入ってきた。

相手のミラーがボクの車に当たったようだが、相手のドライバーは気づいていないのか車から降りてこないので、こちらから降りていって「あなたの車が私の車に当たりましたよ」と言って話をするが、相手は耳が遠い高齢者。

2のケース

昨日バイクで自宅に帰るときのこと、ボクが2車線の道路の右側を走っていると、左を走る計4輪が、ウィンカーも出さずにフラフラっと右のレーンに入ってくる。

ビッビーとクラクションを鳴らして注意を促すと、次の交差点を左折していったので、右に車線変更する意思はなかったと思う。

3のケース

本日岡崎へ国道1号線の右側をバイクで走っていると、ボクの前を走るプリウスが、左側を走る黒のカローラフィルダーの前に車線変更して入ってきた。

強引な割り込みではないにもかかわらずカローラフィルダーは、いきなり左にハンドルを切り、歩道の縁石に車体下部をかなり激しく(砂ほこりが立ち、ヘルメット越にガリガリっと聞こえた)ヒットさせた。

この場合ハンドルを切るのではなくブレーキをかけるべきと思うが。

上記3つのケースすべて高齢者マークのステッカーが貼付してあった。

ボクも年を重ねるとこのようになるのかなぁ。

やだやだ。

野遊人

拍手[1回]

PR

2015/05/15 14:16 | Comments(0) | 豊橋メイツクリニック

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<讃岐うどん「てつ家」 | HOME | 豊川メイツクリニック新築工事進捗状況(10)>>
忍者ブログ[PR]