忍者ブログ
豊橋メイツの図書クラブ

豊橋メイツに限らず当法人のクリニックには医学書が山のように(チト大袈裟か)ある。

医師やスタッフが読む専門書のほかに、毎月数種類の月刊誌が届くので、書庫はすぐにいっぱいになってしまう。

 

昨秋、スタッフから村上春樹の「1Q84」の贈呈をきっかけに、会長が図書クラブをつくろうと提案があり、職員休憩室に文芸書が並べられた。

ボクは村上春樹の作品は読んだことがなかったので、早速「1Q84」を手にとった。

「さよならドビッシー」(中山七里)を読んでいる時、たまたまカミさんが映画のDVDを借りてきて「DVD観る?」と言われた時は、結末を読まずしてDVDは観られないと急いで読み終えた。

それから「原発ホワイトアウト」(若林冽)「海辺のカフカ」(村上春樹)「山登りはじめました」(鈴木ともこ)「豪華客船の診察室」(尾崎修武)「博士の愛した数式」(小川洋子)「渡良瀬」(佐伯一麦)

現在読んでいるのは「ナースコール」(宮子あずさ)現役看護師のエッセイ。
著者の宮子さんは現役のナースでありながら、多くの通信大学を卒業しており、2013年には博士(看護学)の学位を授与している。
HPを開設しているので興味のある人はこちらへ
http://www1.parkcity.ne.jp/miyako/

2、3年前、千冊はあった蔵書を処分したため、ボクが寄贈した本は、山崎豊子の「沈まぬ太陽」と「運命の人」だけだった。

野遊人

拍手[2回]

PR

2014/06/14 14:10 | Comments(0) | 豊橋メイツクリニック

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<あ~残念 | HOME | 第59回日本透析医学会学術集会・総会>>
忍者ブログ[PR]