忍者ブログ
豊橋創造大学看護学生の実習
今年も豊橋創造大学の看護学生の実習が、22日から26日の日程で行われている。

今回で4度目となるから、実習資料は完成しているので手際よく実習が行われている。

実習は、透析治療の一日の流れから始まり、シャント、ドライウェイトの説明、穿刺の実際などを看護師から説明を受け、逆浸透装置や多人数用透析液供給装置、透析用監視装置の説明を臨床工学技士から受ける。

医師からはレントゲンの説明を受ける。

山本課長が透析用カテーテルの説明を行っている。

 

 

患者さんと直接話をして、透析患者さんの生活の実態や苦労話、悩みなどを聞いてもらう。

透析治療の実際を見学して、どんな感想を持ったのか聞いてみたい。

野遊人

拍手[2回]

PR

2016/02/26 11:05 | Comments(0) | 豊橋メイツクリニック

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ワンコとツーリングに行きたくて | HOME | 透析昔話 その26 自殺目的で睡眠薬を多量服薬>>
忍者ブログ[PR]